【カジノ】IR誘致「3つのイス」奪うのはどこだ 大阪、和歌山、長崎、北海道、愛知…バトル過熱 東京・横浜どう動く★10

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したことで、自治体による誘致合戦がいよいよ本格化する。外国人観光客を取り込み地域経済を活性化するIRへの期待は強く、すでに複数の自治体が名乗りをあげている。当面設置が認められるのは最大3カ所だけに、自治体同士の「イス取りゲーム」は過熱しそうだ。
■3地域が誘致リード

 現段階で誘致活動をリードしているのは、大阪府・市と和歌山県長崎県だ。

 大阪府・市は、2025年国際博覧会(万博)の開催を目指す大阪湾の人工島・夢洲大阪市此花区)で、万博の前年までのIR開業を目標としている。万博とIRの「二枚看板」を関西経済の起爆剤にしようというわけだ。大阪府松井一郎知事(日本維新の会代表)は20日、「早期の区域認定に向け、国に取り組みを要請していきたい」と意気込んだ。

 和歌山県も誘致に力を入れる。同県の担当者は「ただちに着工できる環境が整っている」と自信を示す。

 県は、年間約3千億円の経済波及効果、約2万人の雇用創出が見込めると試算する。5月に基本構想を策定し、ゲームの利用金額を制限できる「IRカード」の導入など独自のギャンブル依存症対策も検討する。

 長崎県も4月、有識者会議が基本構想をまとめた。同県佐世保市とともにテーマパーク「ハウステンボス」を核としたIR誘致を目指し、海中カジノ構想も浮上している。

 北海道では苫小牧市釧路市留寿都村の3自治体が手をあげている。道は3月、IRに関する調査報告書をまとめ、千歳空港に近い苫小牧市が最も集客が見込め、売上高は年間で最大約1500億円に上ると試算した。今後、道内での候補地一本化を図る。

 愛知県は中部国際空港島(常滑市)での誘致を構想している。名古屋市河村たかし市長も今月17日の記者会見で「手を挙げるのは良いことだ」と誘致に前向きな考えを示した。

 千葉市も平成27年、IR誘致で年間約3100億円の経済波及効果や約2万6千人の雇用が期待されるとの試算をまとめた。

 ■東京・横浜、どう動く?

 各自治体にとって気がかりなのが東京都と横浜市の動きだ。双方とも「白紙」とするが、調査研究などは進めており、誘致を表明すれば有力候補となる。

 「(湾岸地域の)街づくりで必要な魅力となり得るか。メリットとデメリットを検討していく」

 東京都の小池百合子知事は20日の記者会見で、こう述べるにとどめた。

 都は港区台場など湾岸地域に広大な土地を保有しており、2020年東京五輪パラリンピックの競技場などに使った後はIR用地への転用も可能だ。都関係者は「最終的には知事の政治判断だ」と打ち明ける。

 横浜市の林文子市長は当初前向きだったが昨年の市長選を機に慎重な姿勢に転じたとされる。ただ、地元経済界の一部はIRに熱い視線を送り、再開発が予定される山下ふ頭などが候補地として取り沙汰される。(長嶋雅子、田村龍彦)

2018.7.21 22:51
産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180721/plt1807210019-s1.html

★1が立った 2018/07/22(日) 08:07:21.97
※前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1532341598/

【入所者46人殺傷】やまゆり事件の被告手記、説明付きで出版 刊行に抗議も

2018年7月22日17時35分
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL795DFVL79ULOB00N.html
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180722003347_comm.jpg
建物内の一部(右奥)にブルーシートが張られた「津久井やまゆり園」=2016年7月、相模原市朝日新聞社ヘリから、鬼室黎撮影

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者など46人が殺傷された事件から26日で2年になるのを前に、殺人などの罪で起訴された元職員・植松聖(さとし)被告(28)の手記などをまとめた本「開けられたパンドラの箱」が出版された。発行した創(つくる)出版(東京都)は「事件の風化が急速に進んでいる。植松被告の主張をどう否定するか、社会が問われている」と出版の理由を説明している。

 同社の月刊誌「創」は、これまでも死刑囚の手記などを公表し、議論を起こしてきた。篠田博之編集長(66)は昨年7月以降、手紙や面会で約70回にわたって植松被告とやり取りを重ね、障害者に対する独善的な考えや、「意思疎通が取れない人間を安楽死させるべきだ」との主張を同誌で紹介。被害者家族や障害者本人、障害者の親のインタビューのほか精神科医の対談の記事なども掲載し、事件はなぜ起きたのかや、再発を防ぐにはどうすればいいのかを問い続けてきた。

 「メディアが役割を果たさないまま事件が風化していく現状に、強い危機感がある」。同誌の記事や、被告が生い立ちや犯行状況をまとめた手記などを再構成し、単行本として出版することを決めた。

 障害者の親などからは、「間違った考えが広まる」と出版中止を求める声が寄せられた。6月には、静岡県立大短期大学部佐々木隆志教授(61)が約2千筆の署名を携え、同社に抗議に訪れた。高齢者福祉を研究する傍らで自閉症の三男(22)を育ててきた。社会的弱者が狙われた事件への関心から植松被告と面会するなかで、出版を知った。

 「息子がパニックになるので、我が家で『植松』は禁句。植松被告の主張におびえている」。出版によって被告の考えが広まることに危機感を持ち、静岡駅前で1週間、出版中止を求める署名を募ると、障害者やその家族などから賛同の声が寄せられたという。

 抗議を受けて篠田編集長は、掲載内容を改めて検討。誤解を招かぬよう編集長自身の考えや説明をより厚く加えるなどした。「植松被告は現に事件を起こした。それを『身勝手な主張』と片づけるだけではいけない。単行本はその主張をひっくり返すためのもので、議論の第一歩だ」と言う。

 それでも佐々木教授は「本として世の中に出すのは、社会的評価や実績を与えることになる」と批判的だ。事件で重傷を負った尾野一矢さん(45)の父剛志さん(74)は、「結局は読んだ人がどう考えるかに尽きる。みんなで考え、被告の主張はいけないんだと理解してほしい」と話す。

 植松被告は精神鑑定が続いており、裁判の予定は決まっていない。(飯塚直人)

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180722003266_comm.jpg
https://www.asahi.com/sp/articles/photo/.html
植松聖被告が建物に侵入後、最初に通った廊下
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180722003268_comm.jpg
植松聖被告に追いかけられた男性職員が逃げ込み、必死にドアを押さえた「すばる」エリアの部屋

【兵庫】「根上がりによる道路の凹凸で転倒」 街路樹成長、伐採に賛否 三田最大のニュータウン、「木の街」が抱える悩み

木々のトンネルのようなウッディタウンの街路樹=三田市あかしあ
https://i.kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/img/b_11472572.jpg
歩道の舗装を押し上げていた街路樹の根。掘り出すと車道に向かって伸びていた=三田市内(市提供)
https://i.kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/img/b_11472573.jpg

 ウッディタウン(木々の街)じゃなくなる? 兵庫県三田市最大のニュータウンで、街路樹の大規模な伐採計画が進んでいる。1987年のまち開きから30年余り。枝が張り出して道路の見通しが悪くなったほか、根が成長してアスファルト舗装を破壊する「根上がり」が頻発し、管理する市が対策に乗り出した。専門家も安全面から伐採の必要性を説くが、一部で「街の魅力がなくなる」という声もあり、市に再考を求める署名活動も行われている。(高見雄樹)

 ウッディタウンは、あかしあ台、すずかけ台、けやき台、ゆりのき台と、いずれも木に由来する地名の計4地区に、全市人口の3分の1を占める約3万6千人が住む。緑の多さや個性的な街路などを売りに、住宅・都市整備公団(現UR都市機構)が開発した。

 各地区をつなぐ全長約7キロの環状道路沿いには、スズカケノキユリノキなど地区名にちなんだ約1300本が道路脇に立つ。その外側の歩道にも街路樹があり、さらに歩道と住宅街の境界にもサルスベリなどの木が植えられている。車道の両側に三重の街路樹帯があるのは珍しく、木々のトンネルのような空間は街のシンボルとして親しまれている。

 ところが約3年前から、「根上がりによる道路の凹凸で転倒した」「枝が張り出して信号が見えない」との苦情が増えた。市は自治会と協議し、まずはあかしあ台の約280メートル区間をモデル事業に指定。車道脇に8メートル間隔で立つニセアカシアを2本に1本の割合で伐採し、その外側にある植樹帯は全て撤去する方針を決めた。

 市は今後、他の地区でも伐採を進める方針で、木の数が半分以下に減ると、ニュータウン全体で年間1億2千万円程度かかっている枝切りや除草の費用の圧縮が見込めるという。

 一方、「並木は30年かけて成長した街の資産。半分以上も切ると、街の魅力がなくなる」と反対する住民もいる。あかしあ台に住む有志8人は5月、市に再考を求める署名活動を始め、約1200人分を集めた。

 署名活動の発起人になった女性は「京都や奈良のニュータウンも見たが、三田の緑が好きでついのすみかを構えた。街路樹の緑が半減するなんて」と嘆く。

 市道路河川課は「枝切り作業の一部を住民にお願いするなど、管理コストを下げて街路樹を残す方策も探りたい」としている。

■街路樹対策、全国的な課題

 街路樹への対策は全国の自治体でも課題になっている。

 東京都は2013年度、街路樹の再生に防災の視点を加えたマニュアルを策定した。火災の炎や熱風を防ぎ、倒壊した建物を支える機能もあるとして、災害時の緊急輸送路に指定している道路沿いの木を調査。伐採や植え替え、土壌改良などで木の勢いを回復させようと取り組んでいる。

 市内に街路樹の高木が13万本ある神戸市。倒木の危険性のほか、管理費の削減を理由に昨年、再整備方針を示した。伐採や植え替えを進める一方、桜並木など地域に根ざした街路樹のある通りを「シンボル路線」に指定、メリハリを付けた管理を目指す。

 街路樹の管理などに詳しい樹木医の小西朋裕さん(49)=三田市=は、まずは樹木の診断、調査の必要性を訴える。小西さんによると、三田市が伐採計画のモデル事業で取り組むあかしあ台のニセアカシアには、幹や根元を腐らせ、空洞にするベッコウダケというキノコが数多く寄生していたという。

 小西さんは「安全のためにも、倒木の危険性などを調査する必要がある。伐採して植え直すのも経済的といえる」と指摘する。

神戸新聞 2018/7/23 14:00
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/0011472571.shtml

自衛隊と米印の共同訓練公開 機雷除去では、隊員がロープを伝って海に降りて爆薬を取り付けたり

自衛隊と米印の共同訓練公開

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20180723/6080001668.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

中国が海洋進出を強めるなか、アメリカとインドの海軍、それに海上自衛隊
陸奥湾で実施している合同訓練の様子が23日、報道関係者に公開されました。

この共同訓練は、むつ市からおよそ20キロほどの陸奥湾の沖合で今月18日から行われているもので、
あわせて艦艇20隻と航空機10機が参加しています。
23日は各国が合同で海中の機雷を除去する訓練が行われました。

訓練では、海上自衛隊のヘリコプターが海面近くにある機雷を上空から見つけると、
隊員がロープを伝って海に降り、機雷を処理するための爆薬を取り付けていました。
続いて、長さ2.7メートルの無人潜水機を船から遠隔で操作して機雷を爆破する手順を確認しました。

中国がインド洋や南シナ海で海洋進出を強めるなか、インドはアメリカや日本との
安全保障分野での連携強化を進めていて、アメリカとインドの海軍、
それに海上自衛隊はことし6月にもグアム近海で大規模な合同軍事演習を実施しています。

陸奥湾での共同訓練は今月30日まで行われる予定です。

訓練に参加している海上自衛隊大湊基地第46掃海隊の瀬戸口功司令は
「訓練を通じて各国との情報交換や相互理解を深めたい」
と話していました。

07/23 18:58

【福井】タコの吸盤すごいネ 勝山の児童が小浜で漁師体験 吸盤に悪戦苦闘 船から上がってすぐたこ焼きに

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20180723/images/PK2018072202100210_size0.jpg

勝山市の児童が二十一、二十二の両日、小浜市にある十七軒の小さな漁村集落矢代を訪れ、タコかご漁など漁師の暮らしを体験した。小浜市勝山市の交流事業の一環で、勝山市の小学六年生八人が参加。小浜市の小学六年生九人と集落の漁師らが出迎えた。

児童らは到着後早速、二隻の漁船に分乗して、数百メートル沖合の水深一五メートルに仕掛けられたタコかごの元へ。高さ七十~八十センチの釣り鐘形のタコかごは、水圧で十五~二十キロの重さがあり、児童らは協力して十個のかごを引き揚げた。

かごは一週間前から仕掛けられていたこともあり、一かご一匹ずつ、計十匹の十分な成果。児童はタコの吸盤に悪戦苦闘しながら、かごから取り出し、船から上がってすぐたこ焼きにして味わった。勝山市成器南小六年の中村葵さん(12)は「漁船に乗ったのも初めて。タコには触れなかったけど、海の上は気持ちよかった」と話した。児童は、海水浴やシーカヤックも体験し、一日海を満喫。遊び疲れて矢代の民宿で一泊した。

矢代は近年、体験漁業に力を入れており、今季は初の受け入れ。とくにタコかご漁体験は旅行会社からの引き合いも多いといい、漁師角野高志さん(36)は「かごの重さやタコを触った感触で、少しでも漁村の暮らしを感じてもらえたら」と話した。

2018年7月23日
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20180723/CK2018072302000014.html

アパートの1室約65平米が全焼1人死亡・福島県柳津町

アパート1室全焼 1人死亡

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180723/6050001930.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

23日朝早く、柳津町でアパートの1室が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
警察は、遺体はこの部屋に住む66歳の男性とみて確認を急いでいます。

23日午前3時すぎ、柳津町の二瓶昭人さん(66)が住むアパートの1室から
煙が出ていると近くに住む人から消防に通報がありました。
火はおよそ1時間後に消し止められましたが、鉄筋コンクリート3階建てのアパートの1室
およそ65平方メートルが全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、現在、二瓶さんと連絡が取れなくなっているということで、
警察は遺体は二瓶さんとみて確認を急いでいます。
二瓶さんは69歳の妻と2人暮らしで、妻は煙を吸って病院で手当てを受けています。

アパートのほかの部屋に住んでいる14世帯の人にけがはありませんでした。

警察と消防は妻から話を聞くなどして、火事の原因を調べています。

07/23 18:44

カーブ直進崖下転落、女性死亡男性意識不明の重体 目立ったブレーキ痕なし・上山の狸森

車が転落 1人死亡1人重体

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20180723/6020001189.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

23日午後、上山市の国道で男女2人が乗った乗用車が道路下に転落し、
1人が死亡、1人が意識不明の重体となっています。

23日午後2時すぎ、上山市狸森の国道348号線で、
「前を走っていた車が道路下に落ちた」と後続の車の運転手が警察に通報しました。
消防や警察が現場に駆けつけると、10メートルから15メートルほど下の茂みに
車が転落しているのが見つかりました。

車はひっくり返った状態で、中には男女2人が閉じ込められていて、
救助隊が2人を外に運び出しましたが、まもなく女性の死亡が確認されました。
また、男性も病院に搬送されましたが、意識不明の重体だということです。

多くの住民が心配そうな様子で救出活動を見守り、地元の区長を務める男性は、
「最近は目立った事故がなかったので、驚いている。
朝晩は通行量が多い場所で、地元の住民には安全運転を呼びかけていた」
と話していました。

警察によりますと、2人が乗った車は、左カーブの道路を直進して
反対車線にはみ出し、そのまま転落したということです。

現場からは目立ったブレーキ痕は見つかっていないということで、
警察は2人の身元の特定を急ぐとともに、事故の詳しい状況を調べています。

07/23 19:13